JAこうか 甲賀のゆめ丸忍瓦版 > 2014 > 3月

アーカイブ: 2014年3月

IMG_20140325_152528.jpg IMG_20140325_091319_2.jpg

 

 

 

 

前田薫さんは、土山町鮎河で伝統野菜の『鮎河菜』の栽培をされています。

鮎河菜は、アブラナ科の菜の花に似た野菜で蕾、茎、葉のすべての部分が食べられます。地域限定で、栽培量が少ないため、幻の野菜とも言われています。
おひたしや漬け物にされることが多く、天ぷらにしてもおいしく食べられます。
収穫時期は3月下旬から4月中旬と大変短いです。今現在出荷の最盛期を迎えています。

幻の野菜「鮎河菜」一度お試しください。JA花野果市で販売中です。

LINEで送る

IMG_20140325_134521.jpg

本日JAこうか本所にてブランド野菜忍葱の栽培研修会が開催されました。

担当者からは、忍ブランドの取り組み経過や栽培の方法を丁寧に解説させていただきました。

去年28名の取り組みを上回る、32名の農家さんが参加され、忍葱の播種や育苗、栽培のコツを熱 心に聴いていただきました。

さぁ、春野菜もいよいよ本番です‼ いまから収穫が楽しみですね(^o^)!!

LINEで送る

sizai3sizaisizai2

3月8日~16日の9日間、JAグリーン花野果市では大創業祭として資材の特価大売り出しを開催いたしました。

特に3月8日~16日の9日間、JAグリーン花野果市では大創業祭として資材の特価大売り出しを開催いたしました土日には多数のお客様がご来店され、JAグリーン花野果市スタッフだけでなく、営農経済部営農指導課からも野菜作りの相談員として、肥料選びのアドバイスなどをさせていただきました。

地域農業と地域社会に貢献するべく、「JAこうかだからこそ出来ること」を今後も取り組んでいきたいと思います。

また、好評につき資材セールを3月30日まで延長してしておりますので、皆様のご来店をお待ちしております!

LINEで送る

tanaka1tanaka3tanaka41 tanaka6

 

 

 

田中治広さんは、奥様(美凪さん)と、農繁期にはお手伝いさんと共に、水稲や野菜の出荷、そして加工品にも取り組まれています。

先日までは忍葱(しのぶねぎ)の出荷で大忙し。ネギの他に生産されている野菜のうち、ダイコン、ニンジンを使った加工品(ドレッシング、スープの素)をご紹介いただきました。他にも米、マメ、トウモロコシの加工品にも取り組まれています。

LINEで送る

玉ねぎ先進地研修

筆 tanaka-akihiko 

123

 

 

 

3月3、4日にたまねぎの視察で富山県のJAとなみ野に行ってきました。
写真は10月下旬に定植を行われたもので非常に太く立派なたまねぎ苗でした。
1件あたりの作付け面積は2~3haと非常に大規模で、今年の面積は60haほどあります。JAとなみ野管内の平均反収は4トンと高く、収穫時期には何千トンという量のたまねぎが一斉に出荷されるため、選果場が完備されていました。
7~8月は主に市場出荷が主体であり、毎日40トンづつ出荷選別されています。

富山には適いませんが、JAこうか管内の今年度の作付けは約14haあります。次年度の目標は60haですので、今後更に生産者と栽培面積を拡大出来るよう頑張りますので、皆様よろしくお願いします。

 

LINEで送る